フットケアセンター山形はマザーライクが運営する山形発の「足の専門店」です。足と爪と靴の「お悩み相談室」として、赤ちゃんから高齢者までお気軽にご来店下さい。足から元気に健康になりましょう!

HOMEお問合わせご予約更新履歴一覧
  ★7月になりました♪足を出す季節です。かかとの角質やむくみ、爪などのお手入れをしましょう!フットケアセンター山形ではみなさまの足のお手入れをしっかりさせていただきます!ご予約おまちしています!
HOME フットケアのおはなし 研修・講演 料金一覧 施設概要 お問合わせ ご予約


フットケアセンター山形では靴以外にも
靴下・インソールも取り扱っております。

スタッフの日常はこちら




爪は健康のバロメーター!
爪とは?
爪は『ケラチン(タンパク質の一種)』であり、皮膚が角質化したものです。

爪がないと手で物をつまんだり、歩いたりする事が出来ません。
爪のケアをおろそかにすると足の機能を損なわせます。
体重を支えたり、つま先に力が入らない為、バランスを崩して転倒しやすくなります。
爪の役割
爪の役割

■指先の保護(衝撃吸収)
■指先の力を増す
■指先の触覚を増す
■バランスをとる


手の爪は約0.1mm/日ずつ伸びる為、全体が生え変わるのに6か月程かかり、足の爪は手の2倍近くかかります。
健康な爪はピンク色をしています。
爪が凸凹になる原因は、爪のその部分が形成された時に体に何らかの異変があった事を意味しています。
凸凹を放置すると、病気のサインを見逃す事もあります。
 縦(爪甲縦溝):加齢によるもの
 横(爪甲横溝):ストレス・体調不良・全身疾患・皮膚の疾患
甘皮の役割
爪の後ろの皮膚と爪の間を保護し、爪の水分の蒸発を防ぐ働きをしています。
甘皮が無くなってしまうと、ささくれの原因や爪と皮膚の間にホコリやばい菌が入ってしまい炎症の原因になったりします。
爪の異変
肥厚爪
肥厚爪には2種類あります。

・厚硬爪甲(こうこうそうこう)
爪全体が上に厚く重なり硬くなった状態です。
放置すると鉤弯爪という、鉤形に変形したりカタツムリの殻のように爪が後ろに反り返ったりします。
足の親指の爪に多いとされています。

◆ 原 因 ◆
深爪をしてしまうと、爪で覆われているはずの組織が露出し、歩行の際地面から受ける上向きの力により盛り上がります。
爪が伸びると、突出した組織にぶつかって前にそれ以上伸びる事が出来なくなり爪が厚くなり、この状態が続くと、正しく伸びなくなった爪の下に新しい爪が伸びてきて、層状に爪が次々と重なってきます。


・爪甲下角質増殖(そうこうかかくしつぞうしょく)
爪の下に角質が増えて爪が押し上げられるとともに爪が厚くなった状態です。
爪の間の角質はボロボロしています。

◆ 原 因 ◆
①爪水虫(爪白癬)によるもの
②足や爪の変形によるもの

爪先に圧力がかかると爪の周辺の組織が盛り上がり圧迫され、爪は厚く変形し爪の下に角質が溜まっていきます。
外反母趾で人差し指と中指がハンマートゥに変形している方や変形が無くても人差し指の長いギリシャ型の足の形の人も、人差し指が長い為に圧迫を受けやすい為、注意が必要です。
< 予 防 >
爪の肥厚は急にはなりません。
日頃から足を気にかけて、深爪をしないように正しく爪を切りましょう。
爪白癬かどうかの診断の為に、皮膚科の受診をお勧めします。適切な内服と治療を受けるのが望ましく、自分の力だけで治そうとしないようにしましょう。
治療は、日頃からのセルフケアが大切です。足や爪の変形によるものは、足に合った正しい靴を選びましょう。

爪水虫(爪白癬)
白癬菌が爪に伝染する事で爪水虫になります。

◆ 原 因 ◆
足に水虫のあった方が、爪白癬が爪に入り込んで発症します。
水虫をきちんと治療せず放置した方に多くみられます。
爪の表面が黄色や褐色に変色し厚くなり、放置すると厚みが増して爪がもろくなり、変形して巻き爪や陥入爪になる事もあります。
爪は外傷により白濁する事もあります。

爪水虫は感染症ですので、自己判断をせず疑わしい場合は皮膚科での診断を受け正しい治療を受ける事が必要です。
爪自体が白濁しているときは、半年から一年くらい治療に時間がかかります。根気よく治療を続ける事が大切です。
< 予 防 >
足を清潔にして、水分をしっかり拭いて乾燥させましょう。
白癬菌は皮膚から剥がれ落ちた角質の中にも生きていて、それを素足で踏んだりすると菌が付着します。
付着しただけではすぐに水虫に感染するという事はありませんが、足拭きマットやスリッパから感染する事が多い為、よく洗って乾燥させて使用するのが良いでしょう。
白癬菌は湿気を好む為、靴下は吸湿性の良いものが良いです。
また、一日履いた靴下は湿気を多く含み菌が繁殖しやすくなる為、毎日履き替えましょう。
爪を切った際は、周囲に飛び散らないように注意し紙に包んで処分しましょう。
グリーンネイル
緑膿菌感染で爪の色が緑色になります。

◆ 原 因 ◆
ジェルネイルを長期間塗ったままにしておくことで、ジェルと自爪の間に菌が入り込んで感染します。
自覚症状はなく、ジェルを落とすまでわからない事があります。
サロンにてネイルを落としていただき、皮膚科を受診して下さい。
< 予 防 >
ジェルネイルを爪の間に隙間が出来た状態で放置しないようにしましょう。
入浴後や水仕事の後は、しっかり水分を拭き取り乾燥させましょう。


フットケアセンター山形
山形県山形市花楯1-2-12 ロイヤルビル1階
TEL:023-674-0391 FAX:023-674-0391
■営業時間:10時~19時(最終受付18時) ■定休日:毎週土曜日,他
Copyrightc 2016-2016 フットケアセンター山形 motherlike Co., Ltd. All Rights Reserved. Powered by POOSNET